「FAXで書類を送ってください」なんて言われた時の対処法

▼BO始めるならココ▼

FAXってなんだっけ?

時々あるのがFAXによる書類のやりとり。

本人確認すらメールで済んでしまう時代ですが、なぜかFAXによる書類の提出を求められる場合があります。

そういえばそんなのあったね・・

平成以降の生まれの方は、FAXを知らない人もいるんじゃないでしょうか。

特に行政系に多いのですが「注文・問い合わせ・見積もり等の書類はFAXに限る」企業も存在します。

エコが叫ばれている時代に逆行するような現象で不思議ですが、なぜFAXは根強い人気があるのでしょうか。

そういえば実は無限FAXという遊びがあり、大昔のドラマなんかでやっていた思い出が。

「どうしてもFAXで!」と言われた時の対応も知っておく必要があるので、考えてみました。

なぜFAXは根強いのか?

スマホの普及で写真も絵も簡単に遅れる時代に、なぜ化石アイテムが生き残っているのか。不思議ですね。

理由を考えてみました。

チームの年配層がPCを使いこなせない

データをフォルダに分けてグーグルドライブに保管してチームで共有して・・といった一連の流れが普通になりつつありますが、これについていけない年配層は「紙」で保管したがります。

年功序列色が強い日本では、一定層が引退するまではこの体制は続くのではないでしょうか。

現物じゃないと信用できない

日本にキャッシュレスが浸透しない理由と同じように、現物主義という言葉があります。

目に見えるモノじゃないと信用しにくいのかもしれません。

逆にITが進んでいるエストニアのような国では、紙による契約書や書類を出されると「騙されるのではないか?」と疑ってしまうんだとか。

セキュリティ保守の自信がない

記事でも何度か紹介していますが、国内のサービスにはセキュリティ観念があまりありません。

誰でも簡単に破れてしまうパスワードを設定したり、サービス側はその設定を可能にしています。

なので「流通の危険性が・・・・」と考えてしまうのは必然的なことでしょう。

何より手軽で簡単

紙に要件を書いて、相手の電話番号を押すと送れます。とても単純で簡単です。

PCやスマホが使えない人にアレコレ説明するよりも手っ取り早い。この手軽さが根強い人気の秘密かもしれません。

コンビニFAX

実は身近なコンビニに置かれているマルチコピー機はデバイスの持ち込みでプリントアウトをするだけでなく、実はwifi通信によるデータの受信、住民票の写しや印鑑登録証明書の取得にも対応しています。

知らなかったウホォ-!

実は管理人も知らなかったんですけどね。これはすごい便利だし、知っておいて得すると思います。

「住民票が必要です」なんて言われるとウンザリしながら役場や出張所まで出向いてましたからね。

覚えておくと役立つかもしれません。

インターネットFAX

PCやスマホのメール機能を使ったFAXサービス。

「相手がFAXしか受け付けられない」ということを前提に記事を書いているので、メール機能そのままでいいやんという突っ込みはとりあえずナシでお願いします。

定期的に使うのであれば「Message+」か「e-fax」がお勧めでしょう。

紙代や通信料を考えてもこちらのほうがお得なので、自営業の方にもおすすめ。

いちいち営業のFAXを紙で受けていては勿体無いですからね。更にデータで管理できるのは大きなメリット。



そういえば昔はSkypeでもインターネットfaxが使えたのですが、いつの間にかなくなったみたいですねえ。

その他にも月に10ページまで無料の「Fax PLUS」といったサービスもあります。

FAXとかめんどくせぇ!と拒絶する前に、一度は試してみる価値があるかもしれませんよ。


スポンサーリンク

More from my site

 - menycoins

オススメ海外取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Bitmex←○取扱い通貨膨大、手数料10%OFF ○海外取引所(日本語表示、レバレッジ倍率が高い)
COINEXCHANGE←○NANJCOIN買いたいならココ

▼バイナリーオプションするならココ▼
バイナリーオプション