「仮想通貨の信頼は11%上昇も48%と低迷」エデルマンがレポート発表

▼BO始めるならココ▼

編集部おすすめ

「仮想通貨の信頼は11%上昇も48%と低迷」エデルマンがレポート発表

「仮想通貨の信頼は11%上昇も48%と低迷」エデルマンがレポート発表

欧米やアジアでも活動するグローバルコミュニケーション企業であるエデルマンが仮想通貨に関するレポート「スペシャルレポート:仮想通貨の信頼(Specoal Report:Trust in Cryptocurrency)」を発表した。

金融サービス全体での信頼度は低下も仮想通貨は11%上昇

今回で20回目となるエデルマントラストバロメーターの調査は、2019年10月19日から11月18日まで28の市場でオンライン調査を行い、全体で3万4,000以上の返答を得ている。

金融サービス全体での信頼度は57%で、昨年と比較して1%低下した。低下の主な要因は金融資産管理、クレジットカード、銀行の3項目で、低下率はそれぞれ2%、5%、4%だった。これらに対して仮想通貨に対する信頼度は11%上昇し48%となった。他の上昇項目はP2P送金とロボアドバイザーで、上昇率はそれぞれ1%と4%である。

また今回の発表では、大学教育を受けニュースなど情報を積極的に消費する人々(インフォームドパブリック)とその例外の一般大衆(マスパブリック)との意識の差も調査している。意識の差の大きい項目の上位3項目はロボアドバイザー、P2P送金、仮想通貨およびブロックチェーンだった。なお上位3項目に対する情報を基に行動する人々と一般大衆の意識の差は、それぞれ17%、14%、13%である。なおこの意識の差が大きい上位3項目は、信頼度が上昇した3項目と一致している。

仮想通貨やブロックチェーンに対する信頼も上昇

今回の調査では、世界28市場での仮想通貨やブロックチェーンに対する信頼度も公表している。28市場の内16市場で信頼度が50%を下回る結果となった。その一方で、70%を超えたのは中国(81%)、タイ(77%)、インドネシア(77%)、インド(73%)の4市場である。日本は42%で世界平均の48%を下回り、28市場中の17番目となった。

またこの発表では昨年との比較も行われている。28市場の内2市場は比較不能、残る26市場の内22市場で信頼度が上昇している。昨年からの伸び率が最も大きかったのはアルゼンチンで25%、続いてメキシコ(20%)、コロンビア(18%)と続いた。なお日本の伸び率は12%だった。一方で信頼度が増えなかった4市場は、サウジアラビア(-4%)、アメリカ(-1%)、イングランド(-1%)、カナダ(変化なし)だった。

参考
Specoal Report:Trust in Cryptocurrency

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨はダークネットで決済手段として人気?Chainalysisが市場レポートを発表
ブロックチェーン・ウォレットなどの採用は急速に進む、ドイツ銀行がレポート発表
セキュリティ企業カスペルスキーが1年間の仮想通貨関連マルウェアに関するレポート発表

文:かにたま

@CoinChoiceにいいね!


 - coinchoice

オススメ海外取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Bitmex←○取扱い通貨膨大、手数料10%OFF ○海外取引所(日本語表示、レバレッジ倍率が高い)
COINEXCHANGE←○NANJCOIN買いたいならココ

▼バイナリーオプションするならココ▼
バイナリーオプション