DeCurret(ディーカレット)総額34億円の資金調達を発表

▼BO始めるならココ▼

編集部おすすめ

DeCurret(ディーカレット)総額34億円の資金調達を発表

株式会社ディーカレットが7月11日、筆頭株主である株式会社インターネットイニシアティブをはじめ合計12社より、総額34億円の出資を受けることを発表した。ディーカレットは3月25日に金融庁から仮想通貨交換業者登録を完了し、デジタル通貨のメインバンク」を目指し事業を進めている。

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)の無料口座開設・登録手順はこちらから>>

資金調達の背景

同社のプレスリリースによると、今回の資金調達の背景として「仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業様とのパートナーシップが必要と考え資金調達を実施する運びになりました」と説明している。

資金調達の目的

資金調達の目的としては、開発体制を強化とデジタル通貨の新たな決済プラットフォーム開発を加速をあげている。また、トレーサビリティに優れ、リアルタイムでダイレクトな価値交換は、社会コストを低減し経済の活性化が期待できるとし、出資企業との協業も含め、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目指すとしている。

出資企業は以下の通り

  • 株式会社インターネットイニシアティブ
  • KDDI 株式会社
  • コナミホールディングス株式会社
  • 住友生命保険相互会社
  • 大同生命保険株式会社
  • 明治安田生命保険相互会社
  • 中部電力株式会社
  • 阪急阪神ホールディングス株式会社
  • 松井証券株式会社
  • 株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
  • 綜合警備保障株式会社 (ALSOK)
  • 凸版印刷株式会社

【こんな記事も読まれています】
DeCurret(ディーカレット)登録からアプリの使い方・ログイン方法解説
仮想通貨×Suicaの検討で話題のDeCurret時田社長が語る「デジタル通貨の世界」
6月対応か?「スイカ(Suica)」など電子マネーに仮想通貨チャージ

@CoinChoiceにいいね!


 - coinchoice

オススメ海外取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Bitmex←○取扱い通貨膨大、手数料10%OFF ○海外取引所(日本語表示、レバレッジ倍率が高い)
COINEXCHANGE←○NANJCOIN買いたいならココ

▼バイナリーオプションするならココ▼
バイナリーオプション