ブロックチェーン技術は医療データに関する問題をどう解決するのか

▼BO始めるならココ▼

編集部ピックアップ

ブロックチェーン技術は医療データに関する問題をどう解決するのか

医学におけるデータは人体に対する理解を深め、病気の治療に活用されてきた。しかし、データの管理が分散しているという問題を抱えている。例えば、病院や開業医、専門診療所などは、異なる電子記録システムを使用し、それぞれが患者の病歴または治療記録を作っており、データは連動していない。そして、この問題を解決するために、ブロックチェーンに大きな期待が集まっている。

医療記録に応用されるブロックチェーン

医療や健康に焦点を当てたブロックチェーンは、試行錯誤が繰り返されている。 例えば、マサチューセッツ工科大学のプロジェクトであるMedRecは、イーサリアムのネットワークを使用して、異なるローカルストレージシステムから患者データを取り出し、患者の許可を得れば医療従事者がデータを確認することを可能にするというスマートコントラクトを作成した。

またブロックチェーン技術は、医療記録を維持することが難しい環境でも試験導入が開始されている。スロベニアに拠点を置くスタートアップの「IRYO」は、ヨルダンの難民キャンプにブロックチェーンベースの電子健康記録システムを配備した。これまで難民と移民は、過去の医療記録を知ることができず、人道支援活動による治療も一時的なものが多かったが、このシステムにより健康データを携帯電話に保存して持ち運ぶことが可能になった。またこのサービスは、今後シリアやイラク、エジプト、ジブチにも拡大する計画だという。

ブロックチェーンの医療研究活用

医療記録への応用の他にブロックチェーンは、医療研究に必要な大規模なデータの収集も可能にする。機械学習ツールは、診断の速さと正確さで人間を上回る可能性があるものの、膨大な量のトレーニングデータが必要であり、人々のプライバシーを侵害せずにデータを収集するこが難しいとされている。

また、患者が自発的に研究に使用するデータ提供したとしても、患者に情報開示の権限を与えながら、大量の情報を安全に管理するのは難しいという。

ブロックチェーンの応用によってこれらの課題は解決できる可能性がある。BreastWeCanは、乳がんの早期発見に使用されるマンモグラフィー検査の結果を医学研究者と共有することを奨励するプロジェクトだ。このブロックチェーンでは、人々がデータを管理し、その使用の可否の決定を行うことが出来る。

医療分野におけるブロックチェーンの問題と今後

医療分野においてブロックチェーン技術は浸透しつつあると言える。しかし、プロジェクトが増加すればするほど、既存のシステムと同様にデータの共有が難しくなるというリスクも存在している。相互でデータを共有できるシステムも開発されつつあるため、その課題は将来的に解決される可能性が高いものの、まだ発展途上であることには注意が必要だと言えるだろう。

もっとも、患者にとっては自身の治療歴に対する統一された情報がネットワーク上にあることはプラスと言える。アクセス権の可否も自分で決められるうえに、自身の治療内容も把握することが可能となるからだ。その為、ブロックチェーンの応用による医療への活用は課題を抱えつつも大きな期待が寄せられている。

関連
ブロックチェーン技術に対する医療関連企業の取り組みとは?
ブロックチェーンが命を救う!緊急時に医療記録へアクセス可能なシステムの特許をWalmart(ウォルマート)が取得

参考
FINANCIAL TIMES

 - coinchoice

オススメ海外取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Bitmex←○取扱い通貨膨大、手数料10%OFF ○海外取引所(日本語表示、レバレッジ倍率が高い)
COINEXCHANGE←○NANJCOIN買いたいならココ

▼バイナリーオプションするならココ▼
バイナリーオプション