「仮想通貨で給料を受け取りたい」66%が回答、ほとんどが価格の上昇を期待

▼BO始めるならココ▼

編集部おすすめ

ブロックチェーン大学 FLOC

ボリ平 コインチョイス仮想通貨セミナー

「仮想通貨で給料を受け取りたい」66%が回答、ほとんどが価格の上昇を期待

才能ある優秀な若者の雇用を狙う企業は、給与をビットコインで払う必要がありそうだ。仮想通貨ファンを対象に行われた最近の調査で、66%の人が法定通貨よりも仮想通貨での給与の支払いを希望していたことが分かった。

仮想通貨ファンの給与・人事に関するアンケート実施

人材派遣のスタートアップ企業であるクロノバンク(Chronobank )が、仮想通貨ファンの給与や人事に関するの考えを知ることを目的に、アメリカやオーストラリア、ロシアなど世界の445人を対象にアンケート調査を実施した。その結果、回答者のほとんどが、一部またはすべての給与をビットコインやその他の仮想通貨で支払われてもかまわないと考えていることが分かった。

同調査の結果では、回答者自身の雇用主が給与を仮想通貨で支払うようになっても問題ないとする回答が66%、ボーナスを仮想通貨で支払われることを歓迎とする回答が83%だった。さらに、72%が今後就職先を選ぶ際には、仮想通貨での給与支払いを選択できる会社や組織を希望すると回答した。

仮想通貨で受け取った給与、法定通貨へ交換したい回答者は20%

同調査の回答者は、将来的に仮想通貨の価値が上がると考えている人がほとんどのようだ。それは、仮想通貨で受け取った給与を法定通貨に交換すると回答した人が全体の5分の1に過ぎなかったことにも示されている。

また、仮想通貨で受け取った給与をトランザクションに使うと回答した人は19%にとどまった一方、仮想通貨で受け取ったほうが無駄遣いを減らせると考える人が50%にのぼった。特に18歳~24歳の若者の回答結果では、支払われた仮想通貨は貯めておくと答えた人が60%と多数を占めた。

仮想通貨での給与支払いに積極的と考えられる国について、日本との回答が32%でトップ、アメリカと韓国が15%で続く。しかしアメリカ人の回答者に限った場合、日本に期待する人は13%と少なく、それよりも韓国への期待が25%と高くなっている。ロシア人の回答者は47%が日本への期待を寄せている。

また、回答者全体の57%が、新たな支払い方法の導入はその国の経済成長にプラスになるとの考えを示した。仮想通貨に課せられる税金についてアメリカ人の回答者は65%が支払う準備ができているのに対し、ロシア人の回答者では30%にとどまるという興味深い結果も出ている。

同調査の回答者は92%が男性で40%が25歳~34歳、75%が現在雇用されている人だった。

関連
米国のバーで仮想通貨の決済促進へ、Paytomatが業界団体とパートナーシップ締結
仮想通貨利用者の72%がさらなるコイン買い増しを検討、ビットコイン(BTC)投資意欲も増加

参考
Bitcoin.com

 - coinchoice

オススメ海外取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Bitmex←○取扱い通貨膨大、手数料10%OFF ○海外取引所(日本語表示、レバレッジ倍率が高い)
COINEXCHANGE←○NANJCOIN買いたいならココ

▼バイナリーオプションするならココ▼
バイナリーオプション