「隔絶されたトークン社会」を解決するKyber Networkの戦略とは!?

▼BO始めるならココ▼

「隔絶されたトークン社会」を解決するKyber Networkの戦略とは!?

五月雨まくら(@samidare_makura)です。

今回はEthereum Japanの主催する東京都・千代田区で行われたイベントに参加してきました。
このイベントで登壇したプロジェクトは以下の3つ。

  • MetaX
  • Kyber Network
  • Ledger

どのプレゼンもとても面白かったですが、その中でもKyber Networkのプレゼンテーションが興味深かったので、Kyber Networkにフォーカスして内容をお届けします。

プレゼンテーターはKyber Netowrkの日本人エバンジェリストを務めるhory(@hory_BTC)さんです。

今日の仮想通貨における問題点とは?

現在、CoinMarketCapをみるとわかるように、世界中に存在するトークンの数は1,600種類以上存在しています。そして毎月100を超える数のトークンやプロジェクトが誕生してきています。

トークンにはいろいろな種類があり、ユーティリティトークンやセキュリティートークン、ステーブルコインなどさまざまです。そのためユーザの中には玉石混交のトークンが保存されています。

たくさんのトークンが存在することがわかりましたが、ここで疑問があります。それは「それらのトークンを買い物に利用することができるだろうか?」というものです。

まずほとんどのショップでは仮想通貨を受け付けていません。そしてもし仮想通貨の支払いを受け入れているとしても、それらはビットコインやライトコインなどしか対応していません。日本だとNEMやMONAなども多いですが。

つまり仮想通貨でショッピングをしようと思ったら、自分の持つトークンをビットコインなどのメジャー通貨と交換する必要があります。これは非常にめんどうですよね。

同じような問題は、DAppsを使う時にも付きまといます。DAppsの数は非常に膨大ですが、ユーザはDAppsごとにそれぞれ異なるトークンを使い分けないといけません。これも非常にユーザビリティが低いといえるでしょう。

以上のような内容を踏まえて、horyさんは今日の仮想通貨の問題を「隔絶されたトークン社会 (Isolated ecosystems of tokennized world)」と表現しています。

それぞれのプロジェクトは良く頑張っているし、毎日価値のあるものを生み出しているけど、それぞれが隔絶されて運用されているので、エコシステム全体にネットワーク効果を持ち込むことができないのです。

言い換えれば、プロジェクト間のコラボレーションが存在しないともいえます。

Kyber Networkはその問題をどのように解決するか?

Kyber Networkは「隔絶されたトークン社会」という問題をどのように解決するのでしょうか?

Kyber Networkは、トークンエコノミーに流動性を提供することでその問題を解決します。具体的には、バックグラウンドであるトークンを他のトークンに変換します。ベンダー側は、ウィジェットが提供され異なる通貨の受け入れに対応することができます。

ただ実際に手に入れるのは、希望のトークンです(イーサリアムなど)。ユーザ側は、Kyber Networkをまったく意識することなく、複数のトークンでの支払いを選択することができます。とても画期的ですね。

これをDAppsに応用すると、自分が好きなトークンでDAppsを利用できるようになります。これはDApps界隈の人たちにとっても朗報なのではないでしょうか。

Kyber Networkのプロダクトとは?

Kyber Networkが提供するのは、分散型流動性ネットワークです。プロジェクトは、Kyber Networkに統合することでトークンの流動性を確保することができます。

Kyber Networkでは、

  • プラットフォームを問わず統合
  • 即座で安全な決済
  • 簡単な統合

を実現することができます。他のスマートコントラクトとも連携しやすいように設計されており、開発者フレンドリーな仕組みであるといえます。

トークンエコノミーの進化をみてみましょう。まず最初のフェーズは、ビットコインが世界初のトークンを作りました。次にイーサリアムの登場によって、価値のある資産をトークン化して規格化することに貢献しました。

そしてKyber Networkはこの進化を推し進めることを目指しています。Kyber Networkは、トークンエコノミーの次のステップとしてトークンの流動性を高めることが必須であると考えています。

Kyber Networkのロードマップで非常に重要な点が2つあります。

それは、

  • Opening up Reserves
  • Gormos

です。

Opening up Reserves」では、Kyber NetworkのReserve poolをオープンにすることにより、ユーザがKyber Networkの了解を得る必要なしに、新しいトークンを追加することができます。これにより将来的には、取引所に上場をしていないトークンもKyber Networkで利用できるようになることを目指しています。

Gormos」は、Kyber Networkのスケーリングソリューションです。Kyber Networkでは当然、たくさんのトークン交換をさばかないといけないわけですが、既存のシステムだと十分に対応できないことが想定されます。

それをGormosというプラズマチェーンの中でシャーディングする仕組で、取引ペアを各シャードで対応することにより、処理を高速化することが可能になります。Gormosの詳細については時間が経つにつれて明らかになっていくようです。

Kyber Networkの日本コミュニティに参加しよう

Kyber Networkは、とても重要な役割を果たそうとしています。そのため進捗を追いかけることが賢明ですが、英語だとなかなか情報が取りづらいことがあります。そこで朗報です。Kyber Networkは、日本コミュニティをオープンしました。

Twitter:@kybernetwork_JP
Telegram:@KyberJapanese

Kyber Networkに興味がある人は、ぜひぜひ日本コミュニティに参加してみましょう。

関連
KyberNetworkはブロックチェーンの次フェーズの為、新たに開発を進める
Kyber Networkが取り組む「バックエンドとしてのDEX」の重要性

 - coinchoice

オススメ海外取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Bitmex←○取扱い通貨膨大、手数料10%OFF ○海外取引所(日本語表示、レバレッジ倍率が高い)
COINEXCHANGE←○NANJCOIN買いたいならココ

▼バイナリーオプションするならココ▼
バイナリーオプション