サークルCEO~あらゆるものがトークン化されると言及

▼BO始めるならココ▼

仮想通貨とフィンテックのカンファレンス、MoneyConfがアイルランド、ダブリンにて開催された。その中でサークルのCEOであるジェレミー・アレール氏が、前例のない仮想通貨革命について語り、グローバル社会はあらゆるもののトークン化の始まりにあると述べた。

初期のインターネットがデータとコミュニケーションを変容させたように、ブロックチェーンも現在、金融のすべての側面に大革命をもたらし、公共サービスや行政府のイメージを改革する態勢にあると言う。

アレール氏は、あらゆる形の価値保管と公式の記録が、自由に変動する市場価値を持ち、グローバルなデジタル取引所で取引可能な仮想トークンとなるような、トークン化されたグローバル経済と社会のビジョンを説明した。

さらに仮想通貨資産を用いて、家、車、芸術をトークン化し、あらゆる物理的資産を中心としてオープンでグローバルな金銭的関係を築くことができると述べている。

すべての社会ガバナンスの形態における非公開もしくは公の投票のトークン化は現在のモデルよりも透明性が高く説明責任がある変更不可能なシステムをもたらすとしており、さらに仮想通貨資産の5つのカテゴリーについても説明した。

その1つ目が政府の中央集権型のコントロールから金融活動を取り除き、インターネット上で公共の利益として機能する、プライバシーに焦点を当てた仮想通貨と言う。

それは仮想通貨証券はルールを基にした金融契約として機能をし、法定で法律事務所によって調停される紙の契約をはるかに超える可能性があるとし、多くのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)はこのカテゴリーに当てはまると強調している。

アレール氏はあらゆるものがトークン化できることで将来様々な可能性について言及したが、トークンが乱立し収集できなくなるために、まずは規制やルール作りが優先されるだろう。あらゆるものがトークン化するにはあまりにも長い道のりを辿りそうだ。

参考:CoinTelegraph

 - apptimes

オススメ海外取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Bitmex←○取扱い通貨膨大、手数料10%OFF ○海外取引所(日本語表示、レバレッジ倍率が高い)
COINEXCHANGE←○NANJCOIN買いたいならココ

▼バイナリーオプションするならココ▼
バイナリーオプション