スイスのクリプトバレーでブロックチェーンを使用した投票のテストを実施

▼BO始めるならココ▼

米国のシリコンバレー(サンフランシスコ・ベイエリア南部)に習い、暗号通貨を地域に根ざすべくクリプトバレーを自称するスイスのツークでは行政においてもブロックチェーン技術を積極的に取り入れていることで知られている。

そのツークで、今月下旬にブロックチェーン技術を使った投票実験を行うことが発表された。実験を通じてスイスの各都市でこの技術を利用できるかを試験するようだ。

ツークでは昨年11月にeID(電子身分証明書)を導入し、現在約200人が利用している。今回の投票実験ではこのeIDを使用し、スマートフォンアプリのuPortを通じて投票を可能にする。

自治体としてツークが全面的にブロックチェーン、仮想通貨ビジネスに協力的であるがゆえに実現した実験であろう。今回の投票は毎年恒例のレイクサイドフェスティバルで花火の打ち上げに関するものと、先述のeIDの用途拡大として図書館利用や駐車料金の支払いなどを認めるかどうかといったもので、6月25日~7月1日の期間中に実施される。ただしブロックチェーンを使用した投票はあくまで実験として実施され、市政への反映はされない。

日本においてもインターネット投票の是非に関しては議題に上がることも多いが、様々な問題をクリアすることができずに旧態依然とした投票形式のまま進歩せずにいる。今回の実験によって、それらの問題の一つを解消する可能性があるかもしれない。

参考:SWI

 - apptimes

オススメ海外取引所:
Binance←○取扱い通貨膨大、手数料最安 △海外取引所(取引量は世界一)
Bitmex←○取扱い通貨膨大、手数料10%OFF ○海外取引所(日本語表示、レバレッジ倍率が高い)
COINEXCHANGE←○NANJCOIN買いたいならココ

▼バイナリーオプションするならココ▼
バイナリーオプション